院長紹介

院長 小川 恭孝

mondeyasu

昭和37年生まれ
高校卒業後18歳で競輪学校入学。
19歳でプロデビューし、46歳までの27年間を競輪選手として過ごす。
引退後、昼間は整体業を営み、夜は育英メディカル専門学校の鍼灸夜間部で3年間勉強して、無事国家試験に合格し、2010年に小川はり灸院を開業。
選手時代の怪我との戦いで得た、ありとあらゆる治療術のノウハウを生かし、皆様の健康維持に少しでもお力添できるよう日夜頑張っております。
また、お仕事や家事、勉強や運動を毎日頑張っている自分へのご褒美として、月に一度の身体のメンテナンスにも一躍買わせていただきたいと、リーズナブルな料金設定で濃い内容をご提供させて頂いております。